老化予防に最適|脂肪注入法で自然なバストを手にする|豊胸手術のひとつ
ウーマン

脂肪注入法で自然なバストを手にする|豊胸手術のひとつ

老化予防に最適

婦人

様々方向からアプローチ

美容成分として名高いプラセンタは、美容外科でもプラセンタ注射という形で治療に取り入れています。プラセンタ注射は、体の組織に直接美容成分を注入出来るのが大きな利点です。理想的な効果を得るためには、一定の期間は毎週プラセンタ注射を受けることが必要です。通院の負担を減らしたい場合は、プラセンタ注射以外の方法も同時に行うと効果的となります。プラセンタは、口からも取り込むことが出来る成分です。現在では、飲みやすい液状のプラセンタもありますので、手軽に利用が出来ます。美容外科でも、プラセンタの飲料を販売しているケースが多いです。プラセンタ飲料を定期的に利用するのも、通院回数を減らす方法の一つと考えられます。

痛みが伴うのが難点

医療機関で行われる注射には、何通りかの方法があります。一般な採血や点滴などは、静脈に針を刺す静脈注射です。注入する成分によっては、血管から入れられない場合も出てきます。事実、かなりの慎重さが求められるのがプラセンタの静脈注射です。そのため、多くの美容外科では筋肉注射や皮下注射というスタイルで、プラセンタ注射を実施します。筋肉注射や皮下注射は、注入のときに若干の痛みが伴うのが難点です。血液検査時の痛みよりも強いことがあり、人によっては大きなストレスを感じます。頻回のプラセンタ注射が必要な時期には、毎回痛みが生じます。他の療法と一緒に利用すると、注射の回数も減らせることありますので、医師との相談が重要です。