レディ

脂肪注入法で自然なバストを手にする|豊胸手術のひとつ

悩みから解放する

ドクター

多汗症の原因は、エクリン汗腺が正常にコントロールされていない点にあります。整形手術によってエクリン汗腺の活動を抑制したり除去する事で、多汗症を抑える事が可能です。事前に正しい知識を持っておくと、安心して整形手術を受ける事が出来ます。

もっと詳しく

老化予防に最適

婦人

プラセンタ注射と他のプラセンタ療法を同時に進めると、通院回数が減らせることがあります。プラセンタ注射は、一般的に筋肉注射や皮下注射といったスタイルで行われます。痛みが伴うのが難点であり、ストレスをへらすためには医師との相談が大切です。

もっと詳しく

様々な効果があります

レディ

丸顔で悩んでいるのならば、ヒアルロン酸を使った美容整形がよいでしょう。ヒアルロン酸を顔の輪郭に入れるだけで、丸顔からシャープな輪郭へと変身できます。また、心斎橋の美容外科では豊胸やしわ取りなどの施術でも使用されています。

もっと詳しく

胸を大きくする最近の手術

バスト

傷跡が残らない手術

豊胸手術の人気は年々高まりを見せ、今では美容整形手術の中でも代表的な手術の一つとなっています。豊胸手術の人気が高まっている理由の一つが傷跡を残すことなく胸を大きくすることが出来るということです。シリコンを利用した豊胸手術の場合は切開が必要となるので傷跡が残ってしまいますが、最近の豊胸手術の主流は自分の脂肪を吸引し胸に注入することで豊胸を行う脂肪注入法です。脂肪注入法は切開を必要としないので傷跡を残さずに豊胸を行うことが出来ます。また、シリコンを利用した豊胸手術はレントゲンで胸部を撮影した際にすぐに豊胸しているとばれてしまいますが、脂肪注入法ならばレントゲンに写ることもありませんので、豊胸だとばれずにレントゲン撮影を行うことが出来ます。こうした傷跡を残さず胸を大きく出来ることとレントゲンで豊胸だと気づかれないということが脂肪注入法を利用した豊胸手術が人気となっている理由です。

脂肪注入法の種類

脂肪注入法には色々な方法があり、それぞれの方法ごとに特徴が異なります。まずはコンデンスリッチ豊胸です。コンデンスリッチ豊胸は吸引した脂肪から不純物を取り除き、それを専用の容器で濃縮し、そこからさらに不純物を取り除き胸に注入する方法です。不純物がないだけでなく、注入するのは強く、健康な細胞だけなので定着率が高く、その定着率はなんと80%以上です。この定着率の高さから痩せている方でも行うことが出来ます。次にセリューション豊胸です。この方法は吸引した脂肪から新たに幹細胞を抽出し胸に注入する方法です。こちらもコンデンスリッチ豊胸と同じく定着率が高く、1カップから2カップにかけて胸を大きくしたいという方にぴったりの方法です。そして最後にピュアグラフト豊胸です。ピュアグラフト豊胸はコンデンスリッチ豊胸から一手間省いた方法コンデンスリッチよりは定着率が低いものの割安な費用で手術を受けられるという特徴があります。脂肪注入法にはこのように特徴の異なる方法がありますので、利用する際には自分に合った方法を選択し行いましょう。